投稿日:

駅ホームの中央は安全? それとも危険?

みなさんこんにちは。

ショウです。

 

以前駅ホームへのアクセスについて記事を書きました。

今回は、駅ホーム上での移動について書いてみたいと思います。

 

みなさんご承知の通り、視覚障害者にとって駅ホームは欄干のない橋と称されるほど、歩く時には緊張を強いられる環境です。

また車いすやベビーカー、荷車などを使用する人にとっても、かまぼこ型に線路側へ傾斜しているホームは、自重で線路へ走行してしまう危険があり、気をぬくことができません。

そのため、ホーム上を移動する際には中央や壁際などの安全な場所を通行したいものです。

 

しかし、通常のホームではそう簡単にはいきません。

ホーム中央には案内板や時刻表、自動販売機や待合席などたくさんの障害物があり、それを避けようとすると無意識のうちに線路に対して斜めに歩いてしまうこともあります。

そのため、歩きやすい場所は障害物の少ないホームの端で、安全な場所は障害物の多いホームの中央という、ある種のジレンマを抱えている人も少なくありません。

もちろん、最近では安全性の観点からホームドアの設置が進み、特に大都市圏ではホーム上の安全が増してきています。

しかし、ホームドアにもたれかかる人やギリギリまで近づく人が増え、これまで移動しやすかったホーム端ですら移動しづらくなるという副作用も出てきています。

 

そんな中今回発見したものがこちらのホーム。

ホーム中央に点字ブロックが引かれ、それを避けるように案内板などが設置されている
中央が開けられたホーム

 

これは都内にある地下鉄の駅ホームです。

中央に直進を示す点字ブロックが敷かれ、それを避けるように案内板が設置されています。

 

これにより誰もが安心してホーム中央を歩くことができます。

それに加え、電車を待つ人があちらこちらに点在せず、案内板の外側に固まっているため交通整理がされてより歩きやすくなっています。

 

このように案内板などの設置場所を1mほどずらすだけで、ホームの安全性と快適性が飛躍的に向上するのです。

もちろん、この仕組みがどこのホームでも有効というわけではありませんが、案内板は中央にあるものという一般的な概念を少し変えることが、ユニバーサルデザインの取り組みのいて大きな効果をもたらすこともあるのです。